おとなの基礎英語シーズン5/Week1 ひと言フレーズ

Week1「エアーズ・ロックを目指す」ひとことフレーズ

写真 2016-11-29 10 04 49 

◼︎ NHKテキスト「ひと言フレーズ」のコラムをご紹介

◉ Episode1「Excuse me.」

歩いていて人とぶつかったり、軽い謝罪の意味を込めてこの表現を使うことがよくあります。
また、今回のドラマで使われているように、相手に何かを質問したり、お願いしたりする際に、相手の注意をこちらに向けさせるときにも使います。

▼ドラマのセリフ

Yuta:Excuse me. Is this the entrance to the national park?
「すみません。こちらが国立公園の入り口ですか?」
Staff:Yes,it is. You can buy your ticket here.
「そうです。ここでチケットが買えますよ。」


◉ Episode2「I see.」

seeは「見える」「見る」という意味の動詞としておなじみですが、
「理解する」という意味でも使われます。
今回の「I see」は、説明を聞いて理解したことを、相手に伝えるのに使う表現です。
この説明を読んでわかったら「Oh, I see」(ああなるほど)と言ってみてください。

▼ドラマのセリフ

Ranger:Uluru is 350 meters high, and extends five to six kilometers underground.
「ウルルは高さが350mで、地下には5〜6kmまで達してるの」
Yuta:I see. Thank you very much for your help.
「なるほど、案内してくれて本当にありがとう」

◉ Episode3「This stuff ?」

stuffという言葉は、会話でよく耳にしますので覚えておくとよいでしょう。
持ち物と言う意味で使いますが、物質的なものであれば何にでも使えます。
さらに、何といってよいか適当な言葉が思い浮かばないときや、わざとそのものズバリを言わないときにも使います。
スタッフ(職員)という意味の「staf」fとは、スペリングも発音も違いますのでご注意ください。

▼ドラマのセリフ

Staff:Everything all right? What’s with all the gear? 「大丈夫ですか?その道具はなに?」
 Yuta:This stuff? 「これのこと? 」

 NHK おとなの基礎英語テキスト【シーズン5 Week1】ひと言フレーズでした! 


  

◎おすすめショッピング


◎おすすめ英会話BOOK


0 Comments

Leave a comment